ご飯

すっきりしたコードを書きたい

VMware に Windows Server 2012 R2 をインストールする

今回は UbuntuVMwareWindows Server 2012 R2 をインストールしてみます。まず、以下のサイトからWindows Server 2012 R2 の 180日評価版をダウンロードします。

Microsoft Evaluation Center

 

4.3GB 残り 5時間と表示されたので、ご飯は朝までやっているお店でカラオケでも歌ってきます。

 

家に帰ってきました。いつもの面々に会えてうれしかったので、つい飲みすぎてしまいました。やはり、孤独に生きていると、無性にだれかと一緒にいたくなってしまいます。ご飯の内面はたぶん優しいと思います。反面、さびしがりやで、自尊心も低く、ちょっとしたことに傷つき、いつもくじけて泣いています。この世から消えてしまいたいとさえ思うことがあります。ご飯のまわりの人たちも、人知れず悲しみを抱えているのだろうと思います。大切にしなければいけない人たちです。

 

さて、ダウンロードができたところで、VMware を起動し、Create a New Virtual Machine をクリックします。

f:id:uhoo:20181109012444p:plain

 

Use ISO image: を選択し、さきほどダウンロードした ISOファイルを指定し、Next をクリックします。

f:id:uhoo:20181109013046p:plain

 

Microsoft Windows が選択されています。そのまま Next をクリックします。

f:id:uhoo:20181109013240p:plain

 

なにも変更せずに Next をクリックします。

f:id:uhoo:20181109013658p:plain

 

60GBもあれば十分でしょう。Next をクリックします。

f:id:uhoo:20181109013845p:plain

 

Finish をクリックします。

f:id:uhoo:20181109013925p:plain

 

Close をクリックします。

f:id:uhoo:20181109014030p:plain

 

よくわからない画面が出てきましたが、OKをクリック。

f:id:uhoo:20181109014209p:plain

 

次へをクリックします。

f:id:uhoo:20181109014426p:plain

 

今すぐインストールをクリック

f:id:uhoo:20181109014604p:plain

 

Windows Server 2012 R2 Standard 評価版 (GUI 使用サーバ) を選択し次へをクリックします。

f:id:uhoo:20181109014837p:plain

 

同意しますにチェックを入れて、次へをクリックします。

f:id:uhoo:20181109014947p:plain

 

カスタムをクリック。

f:id:uhoo:20181109015036p:plain

 

パーティションは作成せずに、次へをクリック。

f:id:uhoo:20181109015229p:plain

 

インストールが始まります。

f:id:uhoo:20181109015310p:plain

 

数回再起動します。

f:id:uhoo:20181109015651p:plain

適宜パスワードを入力し、完了をクリックします。

f:id:uhoo:20181109020101p:plain

 

もうこんな時間か。寝なくては。Ctrl + Alt + Del でログオンします。

f:id:uhoo:20181109020359p:plain

パスワードを入力します。

f:id:uhoo:20181109020604p:plain

 

サインインできました。

f:id:uhoo:20181109020758p:plain

 

今日はこのへんで寝ることにします。